診療科・部門

小児整形外科クリニック

概要

子どもたちの運動器(骨・関節・筋肉)の疾患を扱っています。小児整形外科と大人の整形外科での最も異なる点は、小児整形外科は「子どもたちの成長」という要素を踏まえた判断・治療を行う必要があるという点です。「成長する」という要素は、一般的には、いいことと思われており、小児整形外科で扱う疾患でも、成長とともに、あるいは、成長に少しの治療を加えるだけで、よくなっていく疾患がたくさんあります。一方、成長とともに悪化が予想され、大きな治療が必要になる疾患も少なくありません。当然、新生児期や乳児期のほうが、中学・高校生よりも、成長する時間がたくさんありますので、疾患に対する判断・治療はデリケートです。われわれ小児整形外科では、「成長」の要素を踏まえつつ、学会や医学雑誌で新しい知見も取り入れながら、大人になっても長持ちする運動器が獲得できるように判断・治療を行っています。

受診方法

基本的には、乳幼児や学童健診後の紹介、地域の小児科や整形外科からの紹介による事前予約制です。当院の地域医療連携室から予約取得をお願いします。予約外の当日受診も可能ですが、非常にお待たせすることにもなりますので、来院前に受付状況を電話で確認していただくことをおすすめします。
大人と比べて、子どもの問診・診断には時間を要します。ギプス治療や装具療法、救急対応など処置に時間を要する場合もあります。あらかじめ余裕を持った診察時間を設定しておりますが、お待たせする場合もあり、何卒、ご理解頂けますようお願い致します。
また、当小児整形外科は、近隣の小児整形外科施設とも連携しており、特定の疾患で近隣の小児整形外科施設での治療が当科よりも秀でている場合は、分け隔てなくご紹介しています。

当科で対応している主な疾患

生下時早期より異常がみられる疾患
  • 先天異常
    上肢の先天異常
    多指症 合指症 短指症など
    下肢の先天異常
    多趾症 合趾症 短趾症 巨趾症 絞扼輪症候群 大腿骨低形成
    脛骨列形成不全 腓骨列形成不全 先天性下腿偽関節など
  • 先天性股関節脱臼
    開排制限 発育性臼蓋形成不全
  • 先天性膝関節脱臼・膝蓋骨脱臼
  • 先天性内反足
    ※足の外科の項目で詳細をご確認ください
  • 先天性垂直距骨
  • 先天性筋性斜頚
  • 先天性多発性関節拘縮症
生下時診断が可能な例もあるが、乳幼児期から症状がよりはっきりしてくる疾患
  • 麻痺性疾患
    脳性麻痺 二分脊椎 シャルコー・マリー・トゥース病など
  • 結合織疾患
    マルファン症候群 エーラス・ダンロス症候群 ラーセン症候群など
  • 骨系統疾患
    骨形成不全症 軟骨無形成症 脊椎骨端異形成症 偽性軟骨無形成症 大理石骨病 濃化異骨症など
  • 全身性疾患
    筋ジストロフィー 先天性無痛無汗症 染色体異常(ダウン症候群など)
  • クリッペル・フェール症候群
  • スプレンゲル変形
幼児の発達時期における異常
  • 下肢アライメント異常(O脚(内反膝)、X脚(外反膝))
    生理的内反膝 くる病 ブラウント病など
  • 歩容異常
  • 外反扁平足
年長になって症状が発現したり、発症する疾患
  • 大腿骨頭すべり症
  • ペルテス病
  • 骨端症
    踵骨骨端症(セーバー病) 舟状骨骨端症(ケーラー病) 中足骨骨頭骨端症(フライバーグ病)
    脛骨粗面骨端症(オスグッド・シュラッター病) 上腕骨小頭骨端症(パンナー病)など
  • 特発性側弯症
  • 環軸椎回旋位固定
  • 腰椎疾患
    腰椎骨端輪骨折 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎分離症
  • 下肢長不等(脚長差)
    片側肥大症 片側萎縮症 ベックウイズ・ヴィーデマン症候群 ラッセル・シルバー症候群など
年齢にあまり関係なく発症する疾患
  • 感染症
    化膿性関節炎 急性骨髄炎
  • 関節炎
    単純性関節炎 血友病性関節炎 若年性特発性関節炎 慢性再発性多発性骨隨炎(無菌性骨髄炎)
  • 腫瘍性疾患
    種々の骨腫瘍(良性・悪性)
    種々の軟部腫瘍(良性・悪性)
    ※当院整形外科の腫瘍グループと連携し、治療をおこないます。
外傷
  • 肘内障
  • 捻挫
  • 外傷後変形治癒と骨端線損傷
  • 分娩麻痺と分娩時骨折