教育と研究

大阪医療センターは教育や研究、学術活動にも力を入れています。

1. 教育研修病院として

医学生の臨床医学教育を行っています。また卒後教育として、外科医を目指す若い医師の教育を行っています*1。 十分な臨床経験を積むだけでなく、学会発表や論文発表の指導を行い、将来の外科学を背負う優秀な臨床外科医や外科腫瘍医の育成をめざしています。

2. 研究施設として

臨床研究および共同研究を積極的に行い、根拠のある治療の確立をめざしています。公平で客観的な立場から薬や治療法の評価検証を任務としています。

3. 学術活動

豊富な症例を基礎に、論文発表や学会報告、講演活動を行い、国内外への情報の発信を行っています。

4. 臨床研究

最善の治療を施すために、当科はがん治療および外科治療における標準治療の確立と先進医療の開発を目的として、多くの臨床研究を行っています。

臨床研究課題一覧は以下を、
https://osaka.hosp.go.jp/cri/gyouseki/mokuji28.html
そして、現在行われている自主臨床研究承認一覧は以下をご覧ください。
https://osaka.hosp.go.jp/jisyu_kenkyu/sinsei_ichiran/sinsei_itiran_28.pdf
また、当科で実施中の後ろ向き観察研究の情報公開文書も下記に記載されていますので、ご参照ください。
https://osaka.hosp.go.jp/clinicalresearch/kenkyu/shinryo09.html
https://osaka.hosp.go.jp/clinicalresearch/kenkyu/shinryo10.html
https://osaka.hosp.go.jp/clinicalresearch/kenkyu/shinryo11.html


*1. 当科では以下の基幹施設外科専門医研修プログラムを用意しています。
① 国立病院機構大阪医療センター外科専門医育成プログラム
② 大阪大学外科専門医育成プログラム
③ 大阪市立総合医療センター外科専門医育成プログラム
④ 兵庫医科大学外科専門医育成プログラム