大阪医療センター附属看護学校

学校生活

3年間の学校生活

9月 コミュニケーション研修

コミュニケーション研修を終えて

1年生74回生代表

令和2年9月11日、74回生(1年生)はコミュニケーション研修を行いました。今年は新型コロナ感染症対策の中でのコミュニケーションの学びということで、常に密にならない行動と換気に留意して屋外の活動となりました。研修では災害発生を設定し、自分達が医療者としてどのような行動をすべきか、どのようなリーダーシップ・メンバーシップを発揮すべきかを学びました。内容は、学内で地震が発生し、学外への避難が必要となり近隣住民を助け、翌日まで避難場所で過ごすという設定で行いました。

当日は、災害時臨時拠点地であり、今回の避難場所である難波宮跡公園へ実際に行きました。学外に避難し、翌日までどのような広さや配置で避難所等を作るかグループで話し合い、実際に計測しながら園内を探索しました。また、備蓄食も自分たちで作り、災害が起きた時自ら用意ができるよう取り組みました。今回の研修ではリーダーシップを発揮するために必要なことは何か、医療従事者としての責任を学ぶことができとても良い経験になりました。

今年度は例年通り1泊2日の研修はできませんでしたが、新たな研修ができたことで74回生のチームワークがより高まりました。

7月 看護基本技術実習Ⅰ

看護基本技術Ⅰの実習を終えて

私たち74回生は、『患者さんの療養環境を知る』ことを目的に、7月20・21日の2日間大阪医療センターへ初めての実習を行いました。緊張と不安がある中、看護学生として実習が行えることを楽しみに望みました。

入学してから実習までの2カ月間では、講義で光や音などの環境因子が人間に及ぼす影響や病室内の環境について学んだり、ベッドメイキングを練習しながら実習に備えました。

実習当日は、グループごとに各病棟に分かれ病棟の様子を見学しました。実際に、計測器を用いて光や音の数値を測定したり、ベッドメイキングをしました。また、患者さんとお話しさせていただいたり、実際の現場で働く看護師さんの姿などから、患者さんの療養環境についてたくさんのことを学ばせていただきました。

この2日間の実習で学んだことを忘れず、今後の学習に活かしていきたいです。

第74回生(1年生)代表

第109回 国家試験合格発表~全員にサクラが咲きました~

第109回 国家試験100%合格おめでとうございます。
国家試験対策委員を中心に皆で積みあげて来た成果が出ましたね。学習が進むにつれて「やっぱり解剖わからなあかん」「今になって調べるのが面白いと思った」と口々に言っていた姿が目に浮かびます。毎日、コツコツとゼミ室やラウンジで教え合いながら学習していたので大丈夫だと信じていましたが、さすがに合格発表当日は教務室全員が自分の目で見るぞとパソコンの前に構えていました。今回は発表会場での掲示が中止となり、皆が一斉にインターネットにアクセスしたためか合格発表を見られたのは14時9分!一人一人の受験番号を読み上げ、慎重に指さし確認し、万歳の歓声!今年も輝かしい結果をありがとう!私達も優秀な看護師を社会に送り出せて一安心です。大きな山を乗り越え自信に満ちた良い顔をされていることと思います。院長先生をはじめ臨床の皆様が国家試験対策として特別にご講義下さり学生たちに大きなパワーをいただきましたこと心から感謝いたします。

卒業生の皆さん!取得した看護師免許を大切にし、これからも自分の目指す姿に向かって謙虚に学び続けてください。まずます白衣が似合うようになった皆さんにホームカミングデイでお会いできる日を楽しみにしています。

教務室一同

アクセス

Access

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14
TEL 06-6943-1051
FAX 06-6946-3472

詳細はこちら