大阪医療センター

教育の考え方 (看護管理基準からの抜粋)

1) 現任教育の理念

国立病院機構では、「患者の目線に立って親切丁寧に医療を提供する」という理念を掲げ、多様な特徴を持つ医療を担っている。そして、社会の動向に対応し、それぞれの特性に応じた専門性の高い医療を提供し、地域のニーズに応え、機構の理念を実践していくことが必要である。

当センターで働く看護職員としては「看護職員能力開発プログラムVer.2」に基づいて、新卒後1年目からキャリアラダーレベルⅠを開始し、個々の能力評価に基づいてレベルを上げ、到達目標に沿って育成する。ラダーレベルⅤ終了後は、役割別研修としてリーダー看護師研修、実習指導者研修、副看護師長研修を実施し、また、個々の能力や個別性を生かし自己研鑽できるように、各種委員会や認定看護師等が研修等を実施している。そして、政策医療に基づいた院内外研修の推進を図り、基幹施設としての役割を果たせるようにしている。

厚生労働省から示された「看護教育の内容と方法に関する検討会報告書」「看護師に求められる実践能力」の5つの枠組みを参考に、国立病院機構の役割を果たすために求められる看護師の能力開発をしていくために、教育(OJT)と集合教育(OFF-JT)を通して段階的に主体的にキャリア形成ができることを現任教育の基本としている。

2) 人材育成の考え方

【ラダーからジャングルジムへ】
登るか、降りるかしかない、ただまっすぐのはしごを上がっていくのではなく、時には横に移動したり、一段降りてみたり、途中で休んでみたり。まるで「ジャングルジム」のように、様々な方向から、自分のペースで経験を積んで、それぞれの目標に到達できるような教育を実践する。看護の道を進む過程で、迷ったり、行き詰まったりすることがあっても、看護の情熱を持つ看護師を育成したい。当センターでは、それぞれの看護師が目指す看護を実現するために、能力開発プログラムに基づいて、一人ひとりの成長を応援している。

3) 教育目標

(1)国立病院機構大阪医療センターの使命と役割を理解し、自信を持って行動できると共に社会のニーズに対応する看護が実践できる知識・技術・態度を育む。

(2)専門職業人としての誇りと責任を持ち、自己実現を目指すことのできる看護師を育成する。

ラダーからジャングルジムへ