診療科・部門

緩和ケア外来・ケアサポートチーム

緩和ケア外来・ケアサポートチーム

治療を受ける過程での以下のようなお困り事に対応しております。

  • からだの症状(痛み・吐き気・食欲低下・便秘・息苦しさ・咳・だるさ など)
  • こころの症状(不眠・気分の落ち込み など)
  • 生活の相談(経済的な相談・療養場所の相談・かかりつけ医や訪問介護サービス など)

当院外来通院中の方へ

緩和ケア外来

緩和ケア外来では、がん診断時から、病期(ステージ)や病状を問わず、様々な苦痛を和らげるお手伝いをしています。

対象者

当院にがん治療で外来通院中の患者さん、およびそのご家族

受診方法

主治医または看護師またはがん患者相談支援センターにご相談ください。

担当医

相木佐代(緩和ケア内科)
青野奈々(緩和ケア内科)

当院入院中の方へ

ケアサポートチーム(緩和ケアチーム)

ケアサポートチームでは、主治医と連携しながら、入院中の様々な苦痛を和らげるお手伝いをしています。

対象者

当院に、がん・後天性免疫不全症候群・回復の難しい心不全で入院中の患者さん、およびそのご家族

チームへの依頼方法

主治医または看護師にご相談ください。

チームメンバー

緩和ケア内科医師
整形外科医師
精神科医師
がん看護専門看護師
がん性疼痛看護認定看護師
緩和ケア認定看護師
緩和薬物療法認定薬剤師
管理栄養士
臨床心理士
医療ソーシャルワーカー(認定がん専門相談員)

ケアサポートチームへの新規依頼患者数

2017年  247名
2018年  289名
2019年  341名

費用について

当院の緩和ケアチームは、厚生労働省が定めた「施設基準」を満たして活動しています。
外来では、月1回「外来緩和ケア管理料」または「がん患者指導管理料」が算定されます。
入院中は、介入期間中の平日は毎日「緩和ケア診療加算」が算定されます。
尚、この費用には健康保険が適用されます。