お知らせ

宗教的輸血拒否に対する基本方針

重要なお知らせ

宗教的輸血拒否に対する基本方針

国立病院機構大阪医療センターでは、輸血拒否に対して「相対的無輸血#」を基本方針とします。

「相対的無輸血」とは「輸血療法を行わないように最大限努力するが、輸血が生命の維持に必要な場合は輸血を行うこと」を指します。

  1. 当院の方針が「相対的無輸血」であることを、ご理解ください。救急搬送された場合や入院中に急変された場合など、緊急を要し医学的に輸血が必要と判断した際は、輸血の同意・署名が得られなくても、輸血療法を行います。
  2. 当院の方針が「相対的無輸血」であることの説明を受けたうえで、当院での診療を希望された場合、生命の維持に輸血が必要となったときは、輸血の同意・署名が得られなくても、輸血療法を行います。
  3. 「宗教的信念による輸血拒否」に対しては患者さんの個人の権利として尊重しますが、当院の方針は「相対的無輸血」ですので、「絶対的無輸血(いかなる場合でも輸血をしないことを指します)」に必要な「免責証書」の発行および署名はいたしません。
  4. 絶対的無輸血を希望される場合は、それに対応できる医療機関へ転院されることをおすすめします。