診療科・部門

臨床腫瘍科

臨床腫瘍科 (腫瘍内科・腫瘍外科・緩和ケア内科)

高齢化とともにがんは増加し、日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんでなくなる時代になっています。

臨床腫瘍科は2011年4月に開設されました。臨床腫瘍科は、薬物療法を担当する腫瘍内科、手術と化学療法を集学的に担当する腫瘍外科、緩和ケアを担当する緩和ケア内科で構成されています。当院は、地域がん診療連携拠点病院として「がん対策基本法」に基づき、我が国に多いがん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん及び乳がんなど)について、各学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療(手術、放射線療法及び化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療)と緩和ケアを提供する役割を担っています。また、臨床試験や治験を積極的に行うことにより、先進的治療を導入することを目指しています。

腫瘍内科・腫瘍外科は、外来化学療法室の運営に責任を持ち、安全で安心な化学療法を行うことが役割です。看議師、薬剤師、栄護士、MSWととちにチーム医療を実践して、貨の高い総合的ながん医療を実現いたします。腫務内科・腫湯外科l立、以下に記載した診療内容を充実させて、将来的には各科の依頼や個別の依頼に応じて、儀新のがん薬物療法を担当する診療科として発展さぜていく予定です。

緩和ケア内科は、現在入院中のがん患者さまに対するがんサボートチームとして活動している役割を、科として独立することによりさらに充実発展させていきます。緩和ケア外来や緩和ケア教育研修を行うことが当面の目標です。将来的には緩和ケア病棟の運営を行うことを目指しています。

臨床腫瘍科は、がん診療連携拠点病院として相応しい役割を果たすため、努力し、発展していく所存ですので、皆様のご協力ご鞭撻をよろしくお願いいたします。