診療科・部門

泌尿器科

泌尿器科

はじめに

泌尿器科は昭和24年12月に開設され、地域の中核病院として小児の先天性疾患から悪性腫瘍に至るまで、泌尿器科疾患ほとんど全てに対応できる体制となっています。高齢化が進む中、泌尿器科医が果たす役割も徐々に大きくなりつつあります。
患者様が十分に病状を理解して、治療を選択していただけるよう時間をかけて説明を行える外来診療を目指しております。
悪性疾患に関しては、国が指定する地域がん診療連携拠点病院であり、十分なインフォームド・コンセントのもと、EBM(evidence of based medicine 根拠に基づいた医療)を実践することを基本方針としております。 そのために画像カンファレンス・手術カンファレンス・入院患者カンファレンスなどを行い、すべての医師が病状・病態に共通の認識をもち、チーム全体でより良い治療を提供できるよう心がけております。

外来を受診される皆様へ

外来受付:8:30~12:00(火・水・金) 8:30~11:00(月・木)

外来予約について:

紹介状をお持ちの患者様は紹介医を通じて地域医療連絡室(06-6946-3516 フリーダイヤル 0120-694-635)への電話連絡で予約が可能です。担当医指定・専門外来予約にも柔軟に対応いたします。
月曜日は手術日のため休診ですが、救急・時間外対応で診察可能です。

紹介状をお持ちでない患者様は予約制をとっておりませんが、月曜日から金曜日の外来受付時間にいつでも受診していただけます。
病状の確認のために事前に病院代表電話番号(06-6942-1331)へ連絡していただければ泌尿器科外来で対応させていただきます。

専門外来について

前立腺検診センター(前立腺外来) 火曜・金曜 午前(予約制)
結石治療外来 火曜・金曜 午前(予約制)

医療関係者の皆様へ

各地域の先生方のご協力を頂きながらご紹介患者様の診療の受け入れを迅速に行い、安心して受診していただけるように取り組んでおります。

2015年7月より前立腺検診センターを開設し、PSA高値に対する2次検診や排尿困難などに対する診療を専門的に行う前立腺外来を設けました。

また近年結石治療は従来の体外衝撃波結石破砕術(ESWL)に加え、砕石と抽出を同時に行う細径軟性尿管鏡やレーザーを用いた経尿道的腎尿管砕石術(f-TUL)が主流となっています。またサイズが大きい難治性結石には経皮的腎砕石術(PNL)にTULを併用するTAP/ECRISを積極的に行っています。治療方法を専門医との診察を通じて選択していただけるよう結石外来も設置いたしました。 連携を密接にとりながら、地域医療に貢献できればと考えております。治療終了後の患者様・病状安定期の患者様は地域の先生方へ積極的にご紹介させていただきたいと考えております。大阪医療センターへのご依頼を心よりお待ち申し上げております。

診療実績 (2018年)

入院 延べ患者数 6367
1日平均患者数 17.4
新入院患者数 595
平均在院日数 10.8
外来 延べ患者数 14699
1日平均患者数 59.9
新患者数 496
紹介率 70.6%
逆紹介率 71.2%