診療科・部門

研究業績

研究業績(2018年)

① 著述発表業績

A-1(単行書、単独執筆)
  1. 大鳥安正:初期治療の診断治療/1本目の開放隅角緑内障点眼治療、極早期緑内障の所見がみられる患者への点眼治療を開始した症例、眼科診療ビジュアルラーニング3、緑内障、シリーズ総編集:大鹿哲郎、大橋裕一、編集:相原一、中山書店、p278-283,2018年5月7日
  2. 大鳥安正:続発緑内障を念頭とした隅角鏡検査のコツ、あたらしい眼科、35巻8号P1067-1070、メディカル葵出版、大阪、2018年8月20日
  3. 大鳥安正:EX-PRESS併用濾過手術後の濾過胞再建、眼科手術32巻1号、P85-89、メディカル葵出版、大阪、2019年1月20日
A-2(単行書、共同執筆)
  1. 雲井美帆、三木篤也:長期点眼治療での注意点/開放隅角緑内障での点眼治療の評価・変更、右眼に視野障害の進行を認め,配合薬点眼に変更した症例、眼科診療ビジュアルラーニング3、緑内障、シリーズ総編集:大鹿哲郎、大橋裕一、編集:相原一、中山書店、p278-283,2018年5月7日

② 講演発表業績

B-2(国際学会、一般講演、ポスター)
  1. Matsuoka T,Otori Y: Rate of anterior chamber depth reduction in eyes with angle closure in late middle age. The 8th World Glaucoma Congress, Melbourne, 2019年3月29日
B-4(国内全国学会、一般講演、ポスター)
  1. 辻野知栄子雲井美帆橘依里横山洵子内堀裕昭松田理數尾久美子大鳥安正:閉塞隅角眼に対するsuture trabeculotomy眼内法の眼圧下降効果、第122回日本眼科学会総会、大阪、2018年4月22日
  2. 松岡孝典雲井美帆橘依里横山洵子内堀裕昭松田理數尾久美子大鳥安正:壮年期の閉塞隅角眼での前房深度減少速度、第29回日本緑内障学会、新潟、2018年9月14日
  3. 雲井美帆松岡孝典橘依里横山洵子内堀裕昭辻野知栄子松田理數尾久美子大鳥安正、眼類天疱瘡にSuture trabeculotomy眼内法を施行した2症例、第29回日本緑内障学会、新潟、2018年9月15日
  4. 大鳥安正:緑内障専門医への紹介のタイミングと治療強化のポイント、非専門医のための緑内障診療ガイダンス~治療の考え方・進め方~、 第72回日本臨床眼科学会インストラクションコース11、東京、2018年10月11日
  5. 大鳥安正:眼内レンズ偏位のある落屑緑内障の治療、関西中四国緑内障道場、この症例、あなたならどうする?、第42回日本眼科手術学会、インストラクションコース7、横浜、2019年2月2日
B-5(国内地方学会、口演発表、シンポジウム、特別講演)
  1. 大鳥安正:前視野緑内障の診断と薬物治療開始のタイミング、第7回Mie Ophthalmic Seminar、三重、2018年5月20日
  2. 大鳥安正:緑内障眼底読影のミニマムエッセンス、中央区勉強会2018、大阪、2018年6月15日
  3. 松田 理:日常診療が楽しくなるOCTの話、第10回中央区勉強会2018、大阪、2018年6月15日
  4. 大鳥安正:ドライアイ患者に対する緑内障点眼のベストチョイス、第12回箱根ドライアイクラブin 小田原、神奈川、2018年6月23日
  5. 大鳥安正:病診連携:情報共有と紹介のタイミング、なにわ眼科勉強会、大阪、2018年8月2日
  6. 大鳥安正:前視野緑内障の診断と薬物治療開始のタイミング、宝塚市眼科学術講演会、兵庫、2018年8月25日
  7. 大鳥安正:MIGSを理解し、その適応を考える、第42回大阪眼科セミナー、大阪、2018年10月6日
  8. 大鳥安正:隅角検査のポイント、興和Webカンファランス、大阪、2018年10月18日
  9. 大鳥安正:前視野緑内障と薬物治療開始のタイミング、Glaucoma Clinical Seminar 札幌、北海道、2018年11月10日
  10. 大鳥安正:炭酸脱水酵素阻害剤、Glaucoma Council、東京、2018年12月1日
  11. 大鳥安正:前視野緑内障と薬物治療開始のタイミング、2019 Osaka Tenkomori Conference、大阪、2019年1月26日
  12. 大鳥安正:隅角鏡検査の重要性とMIGS、第61回YCUティータイム、大阪、2019年2月9日
  13. 大鳥安正:緑内障の診断と治療の進歩~緑内障で失明させないためにできること~、日本眼鏡技術専門学校創立50周年記念講演、大阪、2019年3月8日
  14. 大鳥安正:隅角鏡検査の重要性とMIGS、新・眼科診療アップデートセミナー2019 in Kyoto、京都、2018年3月24日
B-6(国内地方学会、一般講演、ポスター)
  1. 雲井美帆松岡孝典橘依里横山洵子内堀裕昭辻野知栄子松田理數尾久美子大鳥安正、Suture lotomy が奏功しなかった一例、第54回PACGs、大阪、2018年11月6日
  2. 松岡孝典:HIVに伴うブドウ膜炎、わからん会、大阪、2019年1月12日
  3. 松岡孝典:壮年期の閉塞隅角眼の特徴、第1回Hoenzaka Ophthalmic Conference、大阪、2019年2月23日
  4. 雲井美帆:硝子体出血の原因疾患について、第1回Hoenzaka Ophthalmic Conference、大阪、2019年2月23日
  5. 橘依里:緑内障と紛らわしい視野障害について、第1回Hoenzaka Ophthalmic Conference、大阪、2019年2月23日
  6. 横山洵子:外傷性緑内障について、第1回Hoenzaka Ophthalmic Conference、大阪、2019年2月23日
  7. 松田理:明日から役立つ!網膜疾患でのOCTの見方、第1回Hoenzaka Ophthalmic Conference、大阪、2019年2月23日
  8. 大鳥安正:安全で質の高い医療を提供できる病診連携を目指して、第1回Hoenzaka Ophthalmic Conference、大阪、2019年2月23日
  9. 松岡孝典:壮年期閉塞隅角眼の前房深度減少速度について、第246回OCC、大阪、2019年3月16日
B-8(文化講演、教育講演)
  1. 大鳥安正:緑内障:富山大学医学部3回生学生講義、富山、2018年6月28日