診療科・部門

研修案内

1.特色

大阪医療センター内科専門研修プログラムは、Subspecialty研修を重視した内容になっています。
サブスペ診療科として消化器内科を志望すると、3年間の研修期間のうち、2年間 消化器内科で研修をつむことになります。ローテーションのモデルプランは以下の通りです。

  • 1年目: 大阪医療センターで 6ヶ月間 消化器内科、残り 6ヶ月間を消化器内科以外で研修
  • 2年目: 大阪警察病院で 8-9ヶ月間(うち 6ヶ月間は 消化器内科研修)
    第二大阪警察病院で 3-4ヶ月間 研修を行います。
  • 3年目: 大阪医療センターで1年間 消化器内科研修

2.めざすサブスペ専門医

3年間の内科専門研修プログラムを修了したのちは、消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医をめざすことになります。

3.消化器内科の1週間

消化器内科研修の1週間は以下の通りです。

※早期胃癌カンファは、上部消化管外科・病理部の先生方とのカンファレンス
大腸カンファは、下部消化管外科の先生方とのカンファレンス
肝胆膵カンファは、肝胆膵外科・放射線科の先生方とのカンファレンスです。

4.充実した指導層

大阪医療センター消化器内科には消化器内科関連学会の指導医・専門医が多数在籍しています。安心して、レベルの高い研修を受けることができます。

5.学会・論文発表

大阪医療センター消化器内科では、次世代を担う消化器病専門医育成の為、学会・論文発表の指導も積極的に行っております。3年間の専攻医研修期間中に国際学会発表を行えるよう指導しております。
国際学会を経験した専攻医は大いに成長します。また、日常診療から得た知見を形にする上で論文執筆は非常に重要であり、専攻医自ら論文報告を行えるように指導しております。

当科専攻医による国際学会発表(2017-2019年度)

Kawamoto Y, Tanaka S, Ishihara A, Watanabe D, Uehira T, Ishida H, Shirasaka T, Mita E:Immune reconstitution inflammatory syndrome and CD4 lymphocyte count as predictive factors for HBsAg seroclearance in HBV/HIV coinfected patients treated with antiretroviral therapy. The International Liver Congress 2019, European Association for the Study of the Liver, Vienna, Austria, 2019/4/10

Fujii Y, Sakakibara Y, Kato S, Kawamoto Y, Higashi S, Bessho H, Shoji A, Ishihara A, Iwasaki T, Tanaka S, Hasegawa H, Akasaka T, Nakazuru S, Ishida H, Mita E:Factors influencing premature mortality after percutaneous endoscopic gastrostomy in our hospital. Digestive Disease Week, San Diego, U.S.A., 2019/5/18

Shoji A, Hasegawa H, Fujii Y, Kato S, Kiyota R, Shinkai K, Tashiro T, Ishihara A, Iwasaki T, Tanaka T, Akasaka T, Sakakibara Y, Nakazuru S, Ishida H, Hirao M, Mita E:Efficacy and prognostic factor analysis in second-line chemotherapy for elderly patients with metastatic gastric cancer. American Society of Clinical Oncology 2018. San Francisco, U.S.A. 2018/1/18

Kato S, Yamada T, Fujii Y, Shoji A, Kiyota R, Shinkai K, Tashiro T, Ishihara A, Iwasaki T, Tanaka S, Hasegawa H, Sakakibara Y, Nakazuru S, Ishida H, Mita E:Helicobacter pylori infection status in human immunodeficiency virus-positive patients. United European Gastroenterology 2017, Barcelona, Spain, 2017/10/30

Kiyota R, Yamada T, Kato S, Shoji A, Shinkai K, Tashiro T, Nakagawa K, Ishihara A, Iwasaki T, Nishio K, Hasegawa H, Sakakibara Y, Nakazuru S, Ishida H, Uehira T, Mita E:Utility of Immunostaining in the Diagnosis of Gastrointestinal Kaposi's Sarcoma Related to Acquired Immunodeficiency Syndrome: A Retrospective Study. DDW 2017, Chicago, U.S.A., 2017/5/7

当科専攻医による論文報告(2017-2019年度)

Seiki Y, Tanaka S, Kato S, Ishihara A, Nakazuru S, Ishida H, Mita E. Radiofrequency Ablation for Hepatocellular Carcinoma Adjacent to the Bile Duct Via Intraductal Cooling Through an Endoscopic Nasobiliary Drainage Tube. ACG Case Rep J. 2020;7(3):e00343.

Bessho H, Tanaka S, Ishihara A, Kato S, Toshiyama R, Hama N, Mori K, Mano M, Miyamoto A, Ishida H, Hirao M and Mita E. Hepatocellular carcinoma in an adult patient with congenital absence of the portal vein type II: A case report. JGH Open. 2020. (in press)

加藤 聖也, 榊原 祐子, 石原 朗雄, 岩崎 哲也, 田中 聡司, 長谷川 裕子, 赤坂 智史, 中水流 正一, 石田 永, 三田 英治.アダリムマブが奏功した潰瘍性大腸炎術後の難治性回腸嚢炎の1例. 日本消化器病学会雑誌. 2020; 116(9): 732-738.

Kato S, Akasaka T, Kawamoto Y, Mori K, Ishida H. Gastric candidiasis developing after administration of potassium-competitive acid blocker. Gastrointest Endosc. 2019;90(5):847-848.

当科専攻医による学会発表数

6.お問合せ

当科での研修に興味をお持ちの方は、下記HPのお問合せフォームより御連絡下さい。見学大歓迎です!

お問合せフォーム:https://osaka.hosp.go.jp/form2/input.php

消化器内科HP:https://osaka.hosp.go.jp/department/ge/index.html

消化器内科HP
お問合せフォーム