診療科・部門

お産の準備

お産に向けて心も身体も準備すると同時に、大切なことが物の準備です。
当院では出産される方にご用意いただくものと、病院で用意するものとがありますので以下をご参照ください。

入院に必要なもの
分娩時必要物品
  • 聴覚検査補助券
  • 印鑑・保証書
  • 診察券
  • 母子健康手帳
  • 入院申込書
  • 医療費用支払保証書
  • 産科入院票
  • 先天性代謝異常検査申込書
  • タオル
  • バスタオル(すそよけ)
  • 寝間着(前開き膝丈までの物)
  • 腹帯・ガードル

以上のものは一つの袋にまとめておいて下さい。

入院生活必要物品
  • 着替え・下着
  • 洗面道具(石鹸やシャンプーリンス、タオルなど)
  • スリッパ
  • 時計
  • 箱ティッシュ
  • 筆記用具
  • お箸・スプーン・コップ
  • レンタルパジャマ

※お産後に必要なパットや清浄綿は当院で準備しています。
※赤ちゃんに必要なものは病棟ですべてリースのものを準備しています。
 退院時に着て帰る服のみ準備してください。
※病棟に1台コインランドリーがあります。使用される方は洗剤を準備してください。

お産の流れ

入院まで
お産の兆候
  • 陣痛
    初産婦は10分間隔、経産婦は15分間隔の痛みのある張りが続いていれば連絡して下さい。前回出産時間が早いと言われている人は、規則的な陣痛が来れば早めに連絡して下さい。また、腰部痛やいきみたい感じのある場合も同様です。
  • 破水
    赤ちゃんを包む膜が破れて羊水が外へ流れ出てくることを破水といいます。
    たくさんの羊水が出る場合、おりものが水っぽくなる場合など個人差があります。
お産の兆候以外で病院への連絡が必要な場合
  • 胎動が急に減ったり、なくなったとき
  • 激しい痛みを伴う出血、量が多い出血、さらさらした出血
  • 医師に早く来るよう言われている場合
電話

お産の兆候があれば、病院へ電話します。(迷う場合は遠慮せず電話してください)
電話は必ず本人がかけてください。声や呼吸などからもお産の進行状況を判断します。

来院

診察・モニター・検査などを実施します。お産が進行していれば入院となります。
手続きは付き添いのご家族に行っていただくことが多いです。

分娩第一期

アクティブチェア

・準備期(子宮口0~3㎝)
生理痛のような痛みや、腰痛、下腹部の圧迫感、お腹が張った感じなどがします。この時期は陣痛があっても、まだ余裕をもって行動する事が出来ますので、リラックスして食事や水分をとり体力を蓄えましょう。陣痛間隔は、8~10分くらいです。

・進行期(子宮口3~7㎝)
この時期、子宮収縮は安定して5~6分おき、30~40秒の収縮が起こります。この時期は、座る、歩く、寝るなど自分が楽になる姿勢で陣痛を逃すように工夫します。
※アクティブチェア-など自由に使用できます。

・極期(子宮口8~10㎝)
陣痛は1~2分おき、収縮時間は40~60秒と長くなり、いきみたくなります。この時期は、呼吸法を行い体の力を抜くようにします。

分娩第二期(子宮口全開大~誕生)

陣痛が強くなり、いきみを強く感じます。陣痛に合わせていきんでいきます。陣痛のないときは、全身の力を抜きリラックスします。
・排臨
赤ちゃんの頭が見えたり、引っ込んだりする状態。
・発露
強いいきみがかかり、赤ちゃんの頭が引っ込まなくなります。
赤ちゃんの頭が出た後は、赤ちゃんはゆっくりと横を向いて片方ずつ肩を出し誕生します。元気に赤ちゃんが生まれたら、お母さんの胸の上で赤ちゃんをだっこし記念撮影します。

分娩第三期

少しの間軽い陣痛がおき、胎盤が出てきます。会陰切開、裂傷した人は会陰縫合を行います。
お産後2時間は横になって安静にします。母子ともに問題なければ初回授乳を行ないます。

立ち会い分娩について

分娩室:ご主人様の立ち会い出来ます。
LDR:家庭をイメージした個室になっています。産婦さんが希望する方の入室や、立会い分娩することが出来ます。

お産のお部屋のご案内

陣痛室
陣痛室

分娩室
分娩室

LDR
LDR